新着情報

 
全国フットパスの集い2018in柴田
〜人にであい・道にまなぶ〜

柴田町は後期基本計画において平成27年度から平成30年度までの4年間に取り組むべき重点的な取組みを「元気なまち創造プロジェクト」と位置付け、フットパスによる元気なまちづくりの推進を進めています。その間、町に残る自然景観や田園風景、歴史や文化を活用し、誰でもが歩いて楽しい、そして、地域の賑いにつなぐコースを整備してきました。
そこで、本年に日本フットパス協会の全国大会が当地で開催される機会を活かし、柴田町のありのままの街なかや里山の景観を楽しんで歩き、地域の魅力を体感してもらいながら、来訪者と地域住民との交流に結び付けることで、人やもの、情報が行き交うことで地域振興・地域観光に寄与することを目的に開催します。

期日 平成30年11月3日(土)~11月4日(日)

プログラム
1日目 平成30年11月3日(土) 会場:仙台大学
◎フットパスウォーク(9:30-12:30)※各コース参加募集人員:100人
●二つの時代を巡る道コース(2時間・3.7km)+仙台大学構内(30分)
●舘山スカイラインコース(2時間・4km)+仙台大学構内(30分)
◎昼食(仙台大学食堂)(12:30~13:00)
◎フットパスフォーラム
会場案内+全国フットパス活動広報(学食)(12:30~13:30)
シンポジウム(13:30~16:00)
■開会行事
■フォーラム(1時間)
■事例発表
■パネルディスカッション
◎交流会17:00~18:30(仙台大学食堂)
◎夜のフットパス18:30~20:00(自由参加:船岡の飲食店1店舗歩き)

2日目 平成30年11月4日(日)フットパスウオーク
◎フットパスウォーク
●花と河の道コース(4時間・5.3km)募集人員100人
●船迫宿コース(4時間30分・7.3km)募集人員40人
●槻木縄文の海コース(4時間・6.2km)募集人員50人
●富上里山コース(4時間・5.8km)募集人員35人
●入間田里山コース(4時間・5.8km)募集人員35人

参加費 ■フォーラム  無料
■交流会 5,000円(夜のフットパス2,500円)
■フットパス 町外者1,500円・町内者1,000円(昼食、おもてなし料込み)
    
主催 柴田町
共催 日本フットパス協会、仙台大学
後援 総務省、環境省、地域活性化センター、柴田町商工会、
柴田町観光物産協会、宮城県・県内各報道機関、
一般財団法人みちのく創生支援機構

 
宮城県南部の仙南地域にある柴田町では来年(2018年)に全国フットパスの集いの開催を予定しており、今年はそのプレイベントとしてフォーラムとフットパスウォークを開催します。ふるってご参加ください。
●大河ドラマ『樅ノ木は残った』の題材ともなった城跡と城下町を巡る船岡城下町コース
●街道と河筋の要衝を歩く船迫宿コース
●奥州街道宿場町と田園の組み合わせが面白い槻木宿コース
●田園と豊かな里山が魅力の富上里山コース


 
2017年10月21日 鬼無里フットパスウォーキング